乾燥肌の方は肌を温め化粧水を浸透させる

subpage01

化粧水で乾燥肌を防ぎたいのであれば、潤い成分のヒアルロン酸やコラーゲン、リピジュアが配合されたものをお使いいただくと良いでしょう。
また、ビタミンCも肌に良い働きをします。

化粧水の乾燥肌に今、注目が集まっています。

コラーゲンの生産能力を向上させる働きがあるので、潤うだけでなくハリや弾力も同時に得る事ができるでしょう。他にもメラニンを抑制させるので美白にもなります。


肌自体の新陳代謝促すので、肌細胞自体が元気になってゆきます。そうすることでシミくすみが減ってきます。



肌のくすみは血行不良が考えられています。女性は手足が冷えるといわれていますが、案外お顔も冷えているのです。

冷えると血の流れが悪くなり、上手く循環できておらずやはりくすんで見えます。

血行が良くなるとくすみがなくなり、自然と艶も出てきます。

肌細胞が元気に働いている証拠です。
手足だけでなく、顔の冷えもとってゆきましょう。
化粧水をする前に蒸しタオルをするのもおすすめです。

顔が温まり血行が良くなりますし、何より気持ちがよくてリラックスできます。

ストレスで肌状態が悪くなる事もあります。
顔が温まると、化粧水の浸透率もよくなり乾燥肌も防ぐ事ができるでしょう。

また、化粧水の付け方も説明の適量がベストです。そして手のひらでしっかりと肌に押し込むイメージで化粧水を入れ込んで下さい。



手で顔を覆うような感じで、手の温度で肌に馴染ませるようにする事で成分が分と肌に入ってゆきます。


そうすることで乾燥肌からさよならする事ができます。
とにかく丁寧に行ってみて下さい。