化粧水に含まれている保湿成分に注目しよう

subpage01

化粧水は、スキンケアアイテムの基本と言っても過言ではないアイテムで、上手に使いこなすことで肌の保湿や美白、ニキビ対策を効果的に進めていくことができます。

化粧水の保湿使いやすさが好評です。

ですが、百貨店やドラッグストアには数多くの化粧水が売られているため、どれを購入したらいいのか分からないという女性が少なくありません。



保湿機能に重点を置いて化粧水を購入する場合、まずは配合されている成分をチェックするのがおすすめです。肌に含まれている保湿成分には、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。
この3つの成分は、20歳を過ぎたあたりからじょじょに少なくなっていきます。
ですので、20歳になるのを目安にし、早い段階から化粧水で補っていくことが大切です。



中でもヒアルロン酸は、40歳を過ぎると急速に減少するペースを早めます。

年齢を重ねてから肌がカサカサと乾燥するようになったという人は、ヒアルロン酸不足が考えられるので、意識して補うようにしてみましょう。セラミドは、肌の表面に近い表皮に含まれている成分です。これに対して、コラーゲンとヒアルロン酸は皮脂よりも肌の奥深くの真皮と呼ばれる部分に多く含まれています。


そのため、成分の肌への浸透率が違ってくるので注意が必要です。化粧水に含まれている成分の浸透率を高めるには、成分が小さく加工されているものを選ぶのがポイントです。

パッケージをチェックし、低分子化やナノ化されているものを選ぶことで、スキンケアの効果を高めることが期待できます。