化粧水で乾燥肌対策を高めるポイント

subpage01

肌がカサカサになる乾燥肌は、かゆみや赤みなどの症状が起きて不快です。


さらに、肌の表面がザラザラになることも多いので、ファンデーションのノリが悪くなるという欠点もあります。


これを改善していくためには、化粧水を上手に利用するのがおすすめです。

化粧水の乾燥肌ついて詳しく説明しているサイトです。

化粧水で乾燥肌を改善させていくためには、保湿成分にこだわることが重要になってきます。

保湿成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがありますが、水分と結合する保水力が違ってくるので注意しましょう。



保水力の特に高い成分にセラミドがあげられます。

セラミドは細胞と細胞の間に水分を溜めこむ力に優れていて、約40%を占めていると言われています。

ですので、化粧水でセラミドを補うことで、細胞間の保湿力をアップさせることが期待できるので、乾燥肌におすすめです。



セラミドには天然セラミドや植物性セラミドなどがありますが、中でもヒト型セラミドの効果が高くなっています。コラーゲンとヒアルロン酸は、水分を抱え込む力に優れている成分です。

中でもヒアルロン酸はセラミドよりもリーズナブルなので、手軽に使用しやすいというメリットがあります。

ですが、コラーゲンとヒアルロン酸は肌の奥深くの真皮部分にある成分なので、肌へとしっかりと浸透させていくことがポイントになってきます。

コラーゲンとヒアルロン酸配合の化粧水で乾燥肌をケアする場合は、肌への浸透率を高めるために、ナノ化されているものを選ぶようにしてみましょう。